韓国仁川空港での野宿は超快適(^^)無料のシャワー情報も教えちゃいます(^_-)-☆

先日いつもの週末弾丸で
大阪⇔ソウルを往復したのですが
今回はソウル滞在時間が
極端に短かったため宿を取らず
空港野宿を決め込みました。

仁川国際空港での初野宿!

これが実に快適だったんですよ(^^)

って事で
実際に野宿してわかった事など
早速リポートいたします(^_-)-☆




一般エリアで野宿

土曜日の夜10時頃の仁川空港では
あちこちのベンチで早くも野宿を
始める人達が見受けられます。

おそらく翌朝早くに
チェックインカウンターが開くまで
寝て待つつもりなのでしょう。

今回はモスもその内の1人として
野宿仲間に加わる事にしました(^^)

寝床を求めて広い仁川空港内を
到着フロアから出発フロア
空港鉄道の駅がある交通センターまで
くまなく歩いて見て回り
最終的に落ち着いたのが
出発フロア内のベンチでした。

モスが野宿したベンチの場所

 

ここを選んだ理由

そこそこに人がいる

22時前後の時点では
周りに全く人がいない
静かな環境を選ぶ事もできました。

が、モスにとって静かさは
さほど魅力ではなく
逆に寂しさと不安を感じた為
そこそこに人がいる場所の方が
安心できたからです。

トイレが近くにある

これはわざわざ説明するまでも
ないですね(^^;

ベンチから見渡せる位置に
トイレがあるのは便利です。

ちなみに仁川空港のトイレの前には
水飲みコーナーもあります。

充電スポットがある

これは重要です!

ですが仁川空港内には
充電スポットは沢山ありますので
ここ以外のベンチでも大丈夫(^^)

モスは以上3つの理由で
野宿場所を決定した次第です。

実際にベンチに寝た状態の目線は
こんな感じです

トイレに起きる事もなく
スマホを充電しながら
朝まで熟睡していました(^^)

野宿してわかった事

意外と安心

空港内といえども一般エリアでは
旅行者以外も出入りが自由なので
決して安全とは言い切れません。

荷物の盗難などのリスクも大ですが
モスが陣取った場所に関しては
夜中も空港職員さんが頻繁に
歩き回るなどしており
犯罪発生率は低いと感じました。

周りで寝ていた方々も
安心して熟睡していた様でした。

とはいえ100%の安全を
保証するものではありませんので
野宿する場合には細心の注意と
警戒を怠らないで下さいね(^^;

空調が快適

日本人の身体は知らず知らずの内に
四季の気温の変化に順応しています。

真冬の寒さを逃れて
暖かい南の島に行けば
その時は天国なのですが
帰国した途端に体調を崩す
なんていう事も珍しくありません。

また常夏の地域では
異常なほどに低い温度で
空調をきかせている事があり
日本人にとっては寒く感じる事も
多々あります。

モスは夏にシンガポールの
チャンギ国際空港で
一夜を明かした事がありますが
薄着だったせいか
寒さに震えた経験があります。

 

その点、韓国では日本と同じく
夏は適度な冷房
冬は適度な暖房がきいており
着の身着のままで横になっても
快適に過ごす事ができました。

もしかすると
南の島から来られた方には
暑く感じるのかも知れませんが(^^;

フリーWi-fi が快適

仁川空港内で使えるフリーWi-fi が
爆速過ぎて超快適でした(^_-)-☆

パスワード不要で繋がります

 

フリーWi-fi は安全性に難あり
と言われますが
youtubeの動画を見たりする分には
全く問題ありません(^^)

爆速万歳です(^_-)-☆




制限エリアなら更に快適

今回モスが野宿したのは
一般エリアでしたが
利用する航空会社が
アーリーチェックイン可能なら
早めに出国審査場を抜けて
制限エリアに行く事ができます。

制限エリアには更に快適な
野宿スペースがありますよ(^^)

出国審査を終え制限エリアに出たら
11番ゲートを目標に進みましょう

上の写真の場所まで来たら
Transfer Lounge→ 
の方向へ進みます

左手奥に見えるエスカレーターか
エレベーターで4階に上がります

 

エスカレーターを降りたら
11番ゲート方向へ進みます

 

別の記事で紹介した
SKY HUB LOUNGE を過ぎて
更に進んだ先が野宿ゾーンです
矢印が示したあたり

 

ベッドになりそうなソファ

 

お子様連れでも安心

 

起きている時はテーブルで

 

テーブルもあるゴロ寝席

 

板張りなので快適さは疑問ですが
こちらも足を伸ばして横になれます

 

寝床の占有スペースが広くて
超いい感じです(^^)

 

NAP ZONE の中を覗いてみると…

 

かなり快適そうな仮眠室でした




無料のシャワー情報

人間は睡眠中にかなりの量の
汗をかくといわれています。

汗をかいた後はシャワーを浴びて
サッパリしたいものですよね(^^;

朝シャンが習慣になっている方も
シャワーが恋しいはずです(^^)

しかしながらシャワー付きの
野宿など聞いた事もありません。

野宿者に許されるのは公衆トイレの
洗面台で洗顔し歯を磨く程度(>_<)

そこが野宿の辛いところなのですが
なんと仁川空港の制限エリアなら
無料でシャワーが浴びれるのです!

SKY HUB LOUNGE
野宿ゾーンの間にあります

 

 

利用方法

  1. フロントでタオルを借りる
  2. 空室のシャワールームに入る
  3. シャワーを浴びる
  4. フロントにタオルを返却する

以上とてもシンプルな流れです(^^)

シャワールームの様子

外から内部を見た様子

 

中に入って扉を閉めたところ

 

トイレ&洗面台

 

シャワーブース
レインシャワー&ハンドシャワー
湯量も温度も問題ありません

 

シャンプー&ボディソープ

 

コンセント
日本製品を使用するためには
SE型または
C型変換プラグが必要です

注意点

利用できない時間

6:00~7:00 および
21:30~22:00 の間は
清掃時間につき利用できません

使用時間は30分まで

長時間の独占使用は控えましょう

 

トイレの紙は流せません

決まり事には従いましょう

 

タオルが無いかも

22:00から翌7:00まで
フロント無人になります。

通常はフロントのカウンターに
未使用のタオルが積まれていますが
全てのタオルが使用済みになると
それ以降はタオルがありません。

ちなみにこの日モスが訪れた
早朝4時過ぎには
既にタオルはありませんでした。

ここで困らないためにご自身で
タオルを準備しておきましょう

備品がありません

シャンプーとボディソープ以外
備品は何もありません

・コンディショナー
・カミソリ
・ドライヤー
・歯ブラシ etc
シャワーする際に必要なものも
ご自身で準備しておきましょう。

ドライヤーなどを使用する場合
SE型もしくはC型
変換プラグもお忘れなく!

備品など物足りない点もありますが
無料でシャワーが使えるのは
とてもありがたい事です(^^)

モスのように
シャワーさえ浴びれれば
備品なんてなくてもへっちゃら!
という方はともかく
それ以外の方は荷物が増えますが
必要なモノさえ持参すれば
野宿でも綺麗サッパリできますよ。

まとめ

いかがでしたか?

早朝出発に備えた前乗りや
宿泊代金の節約などの理由から
世界中の24時間営業の空港には
野宿民が必ずいるものです。

そんな中でも仁川国際空港は
日本人にとっては気温も丁度良く
とても居心地のいい空港です。

もしもあなたが何らかの理由で
空港野宿という選択をした際に
この記事がお役に立てれば幸いです。

くれぐれも無理はなさらず
快適で安全な旅をして下さいね(^^)

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

それではまた~(=^・^=)




気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

パソコン版!香港エクスプレス・オンラインチェックインの手順

超格安!週末弾丸マニラ・かかった費用を精算します(^_-)-☆

Klia2 サテライトにある PLAZA PREMIUM LOUNGE をプライ...

SATS PREMIER LOUNGE (チャンギ空港 ターミナル2) にプライ...

4月30日から関空と直行便で結ばれる務安(ムアン)ってどんなところ?

ホノルル、ダニエル・K・イノウエ国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジ