神戸に祈りを捧げるため、本日の更新はお休みします

1995年1月17日(火)

5時46分00秒頃

グォォォォ~
恐ろしいほどの地鳴り

普段、目覚まし時計が鳴っても
なかなか起きれないモスが
この時ばかりは飛び起きる

まだ夜は明けていない

真っ暗な部屋

地鳴りは止まない

ただならぬ事がおきそうな予感

恐怖の時間は5分にも10分にも感じた

本当は1分にも満たなかったのに…

 

5時46分52秒

経験した事のない揺れ

正直言うと…
ここからしばらくは記憶が曖昧

この世なのか
あの世なのか
それさえもわからない

揺れがおさまって我に返る
命は…
あった

 

その後の様子は
テレビでご覧になられた通り

 

幸い、モスの家族は無事でした

しかし…
関連死を含めると6400人以上
かけがえのない命が奪われたのです

その中には
モスの友人のお母様も…

 

本当に地獄でした
地獄としか言いようのない光景でした

 

全てを失い
生きる望みもないであろう人々

そんな彼らがどうしていたか…

悲しみにうちひしがれながらも
決して絶望しない

それどころか

怪我した人の救助に走り
水や食べ物を分け与え
周りに対する気遣いを
片時も忘れなかったのです

 

誤解のないように申しておきます

綺麗事ばかりではありません
言葉にできないような
情けない事もおきていました
悲しいですが
これが真実です

 

 

あの日から23年

神戸や淡路をはじめとする
被災地と呼ばれる街は
元気によみがえりました

 

あの修羅場の中で
家も財産も家族も失いながら
自分の事など構いもせず
小さな子供やお年寄りを助け
優しく気遣い続けたあのおじさんは
今も元気でいてくれているのでしょうか

水も食べ物も満足にない状況にも関わらず
弱者に優しかったおじさん

あなたは日本の誇りです
英雄です

今、こうしてあたたかい部屋で暮らせるのは
あなたのお蔭です

本当にありがとうございました

 

23年経ちました

街は綺麗になりました

でも、心は今もあの時のままです

忘れる事などありません

忘れる事などできません

あなたが懸命に働いて築いた家
一つ一つ買い揃えた家財道具
愛する奥様
手塩にかけて育ててこられた可愛いお子さん

あの日
それら全てを一瞬にして奪われた
あなたの心を思うと
涙が止まりません

どうか今日だけは
あなたに寄り添わせて下さい

人間の優しさと
真の強さを教えてくれたあなたに

民度の高さを見せつけてくれた
被災地の全ての人達に

鎮魂歌を捧げます

 

2018年1月17日(水)
モス

 

 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

近況報告・これからのツイッター利用とブログについて

キーボード壊れました(>_<)

ごめんなさい

東北に祈りを捧げるため、本日の更新はお休みします

”いいね”したくてたまらない^^; みんな最高ぉ~! 不具合だけどツイッター最...

震災復興の為、あらゆる支援を下さった皆様に改めて感謝申し上げます