マレーシア航空の初売りセール!クアラルンプール往復30000円~など

マレーシアのフラッグキャリア
マレーシア航空
平成30年初売りセールを開催しています。

クアラルンプール
往復30000円など
格安航空会社並みの超お得価格で販売中!

LCC のお値段で
フラッグキャリアならではの
手厚いサービスが受けられるチャンスです(^^)

東南アジアへお出掛けのあなた…
見逃さないで下さいね。




セール期間

2018年2月2日(金)まで

 

セール対象搭乗期間

2018年7月20日(金)まで

 

セール価格

 

東南アジア路線

エコノミークラス利用:
往復30000円~

ビジネスクラス利用:
往復100000円~

 

上記運賃での主な就航先

 

  • プーケット
  • ジャカルタ
  • ペナン
  • コタキナバル
  • クアラルンプール
  • シンガポール

 

南アジア路線

エコノミークラス利用:
往復50000円~

 

オーストラリア路線

エコノミークラス利用:
往復59000円~

ビジネスクラス利用:
往復190000円~

 

備考

  • 上記価格は大人1名の往復価格です。
  • 燃油サーチャージは不要です。
  • エコノミークラスの無料受託手荷物は30kg まで。
  • ビジネスクラスの無料受託手荷物は40kg まで。
  • 販売座席数には限りがあり売り切れ次第終了となります。

 

 

マレーシア航空について

1947年 前身となるマラヤ航空が設立。
1957年 マラヤ連邦がイギリスから独立。
1963年 マラヤ連邦とシンガポールなどが統合し、マレーシアを結成。マレーシア航空に改称する。
1965年 シンガポールがマレーシアを離脱し独立。
1967年 マレーシア・シンガポール航空に改称。
1971年 シンガポール航空とマレーシア航空に分離。
2006年 原油高により経営悪化。国内線96路線をエアアジアに委譲
2013年 航空連合・ワンワールドに加盟。
2015年 マレーシア証券取引所・株式上場廃止。実質的に国有化された。

このように紆余屈折を経て現在に至るマレーシア航空は、現在も経営の立て直しを図っています。
2014年3月に起こったMH370便の行方不明事故。
同年7月に起こったMH17便のウクライナ上空での撃墜事故。
これらの事故機材であったボーイング777-200ER型機を退役させ機材を整理。
エアバスA380型機のリストラを進める。
アムステルダム・フランクフルト・パリなど不採算路線の見直し
格安航空会社との差別化をはかる。
などで経営の安定化を目指しているところです。

同社が現在保有する機材は77機。

主力機材のエアバスA330-300型機

 

垂直尾翼に描かれている同社のシンボルマークは、
マレーシアの伝統的な三日月型の凧
「ワウブラン(ワウ=凧、ブラン=月)」
図案化したものだそうです。

 

 

5月より東京⇔クアラルンプール線が便利に

 

増便で便利に

5月8日(火)より
東京(成田)⇔クアラルンプール線が増便されますよ。
現在運航中のMH71便が、火曜日と木曜日にも運航する事になります。

 

新機材就航で便利に

5月5日(土)からは
東京(成田)⇔クアラルンプール線の内、1日1便を、
エアバスA330-300型機からエアバスA350-900型機に機材が変更されます。
・機内インターネットサービスの提供
・ファーストクラス4席の設置
など、サービスが向上されるようです。

 

まとめ

・大きな事故
・株式上場廃止⇒実質的な国有化
我が国を代表するフラッグキャリア・日本航空も同じような過去をたどってきました。
不死鳥のごとく復活した日本航空のように
マレーシア航空にも天高く舞い上がる凧のごとく浮上して欲しいと願うばかりです。

セールの詳細やチケットのご予約はマレーシア航空のホームページから。

マレーシア航空のホームページはこちら

 

 

それではまた~(=^・^=)





 

 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

春はお得に韓国へ!チェジュ航空「春休みセール」開催中

中部国際空港発着4路線が片道388円!ジェットスター・モーニング価格に挑戦セール

5月病も梅雨空もジェットスターで吹き飛ばせ!国内線でお得なセール開催中

ベトナムへ3990円~!ジェットスター・スーパースターセール開催中

セール!台湾へ5600円~タイガーエア台湾「開運の秋キャンペーン第3弾」

GWも夏休みもお得!タイガーエア台湾・PAY DAY キャンペーン