ん? あぁ~なるほど これはナイスアイデアだ!

 

こんにちは、モスです。

 

まず、念の為に申しておきます。

 

今からお話しする内容は○○○についてです。

 

お食事中や、ご気分の優れない方は、今はここまでにして、また別の機会にお読み下さい。

 

 

 

 

ここまで進んでこられた皆さんは、お食事中ではないですね?

 

体調も大丈夫ですね?

 

途中で嫌だと思われたら、遠慮なくページを終了して下さいね。

 

では、そろそろ本題に入ります。

 

今日の話題はトイレについてです。

 

 

トイレの汚れは悩みの種

 

数年前、知り合いが自宅を建て替えましたので、新築祝いを持ってお邪魔しました。

最新設備完備の広く明るい空間は、とても暮らしやすそうで羨ましい限りでした。

モスが特に羨ましく感じたのが、トイレです。

ドアを開けると、なんと一畳程の広々空間。

そこに、洗浄機付き洋式便器と、お洒落な手洗い設備のほかに、男子用小便器が備えられ、まるで高級ホテルの様でした。

皆さんのご自宅のトイレは、どの様なトイレでしょうか?

一般的には、洋式便器と手洗い設備のみ、ではないでしょうか。

自宅のトイレに男子用小便器が設置されているのは、かなりの高級住宅に限られると思います。

女性の皆さんにはわからないかも知れませんが、男にとって男子用小便器の使い勝手の良さは、かけがえのないものなのです。

洋式便器を男が小用で使うと、どんなに綺麗に使っているつもりでも、便器の縁や、床が汚れてしまうものですが、男子用小便器があれば、汚れる事もないだろうから、きっと奥様は掃除が楽だろうなぁ、と思いました。

で、その辺りを奥様に尋ねてみたところ「全然楽じゃないのよ。床だけじゃなく壁まで汚してくれるから掃除が大変。洋式便器だけの方が良かったわ。」と、以外な答えだったのです。

そんなものなのか、と思いながら、そのまま時間が流れていた訳なのですが、先日、目から鱗、納得の発見がありましたので、お話ししたいと思います。




今こそ韓国に学ぼう!

 

先日訪れた、釜山金海国際空港の国際線制限区域の男子トイレに入った時の事です。

韓国でポピュラーな便器メーカーの小便器の前に立ち、いつもの様に放水(?)を始めたところ、なんと、便器の下部の真ん中辺りに蠅がとまっているではありませんか。

そうなると、本能として、蠅に向かって放水したくなるもので、蠅を的にして最後の一滴まで一生懸命放水したのです。

ところが、蠅は微動だにしませんでした。

なんというしつこい蠅だ、と思いながらも、水源も枯れてしまいましたので、諦めて退散した訳なのです。

便器を離れ、手洗い器で手を洗い、ハンカチで手を拭いて、トイレの外へ出て、搭乗口へと向かいました。

間もなく搭乗開始らしく、既に搭乗口の前に列が出来かけていましたので、モスも最後尾につきました。

ちょうど、モスの前に並んでいた方が関西弁をお話しになる女性3人グループで、聞きなれた関西弁を耳にした時、ふと、例の知り合いの奥様の言葉が頭を駆け巡ってきたのでした。

「全然楽じゃないのよ。床だけじゃなく壁まで汚してくれるから掃除が大変。洋式便器だけの方が良かったわ。」

実際の言葉通り記しますと、

「全然楽ちゃうよ。床だけちゃうよ。壁まで汚してくれんねんから、ほんま掃除大変。洋式便器だけの方が良かったわ。」

あの時は、そんなものか、と思っただけだったのですが、その時、何故男子用小便器を使いながら床や壁が汚れるのか、原因がわかったのでした。

それは、目標となる的がないからだと。

もし、便器に蠅がとまっていたら、きっと本能で蠅に向かって放水するはず。

そうすれば結果として床も壁も汚れない。

きっとそうだ。

 

そこまで納得したところで、また頭の中に疑問が・・・

果たしてあの蠅は、便器にしがみついて、放水の圧力にも動じる事なく耐えた、しつこいだけの蠅だったのだろうか?

よく考えてみると、トイレとはいえ、これほど綺麗な空港施設の中に蠅がいるとは考えにくい。

もしかして、あの蠅は、韓国のポピュラーな便器メーカーが、便器の周りを汚さない様にと、意図して付けた的なのではないか。

だとしたら、これは日本のメーカーさんにも是非学んでもらいたい。

そこまで考えると、いてもたってもいられず、真相を確かめるべく、列を離れ、一目散にトイレへ駆け戻ったのでした。

 

 

便器の真相

 

予想通りでした。

韓国のポピュラーな便器メーカーさん、あっぱれです。

 

ここから先、証拠の写真を掲載しますので、ご覧になりたくない方は、ここでお別れいたしましょう。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

ご覧になっても大丈夫な方は、どうぞお進み下さい。

 

 

何かのヒントになれば幸いです。

 

 

では、証拠写真です。

 

 

韓国のポピュラーな便器メーカーのマークです。

 

蠅がとまっているのがわかりますか?

 

 

アップで見てみましょう。

確かに蠅がとまっていますよね。

 

 

この蠅をめがけて放水すれば、床も壁も汚れませんね。

 

 

 

まとめ

 

これはなかなかのアイデアだと思います。

もちろん、これだけで便器の周りの汚れがなくなる訳ではありませんが、的がある事で、無意識に、本能的に、それをめがけて放水する様になりますので、汚れる率は確実に減る様に思います。

 

以上、韓国のポピュラーな便器メーカーさんの、遊び心のある粋なアイデアをご紹介しました。

 

ご家庭や会社、学校等の男子用小便器の掃除にお困りの方は参考になさってみてはいかがでしょうか。

 

お掃除のご苦労が少しでも軽減されます様に。

 

 

それではまた~(=^・^=)

 

 




 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

日韓公衆電話の実状・安くて便利な韓国公衆電話の使い方

スチュワーデスって知ってますか?

途切れる! 遅い! 繋がらない! その問題…無線ルーターの置き場所を変えると解決...

女性に優しいJR西日本・涼しさを求める男性が避けるべき弱冷車の場所はここだ!

民間航空記念日・飛行機の安全と未来について

エアアジアでホノルルに行くなら機内食の値段に要注意!コスパ重視ならカップ麺がおす...