高速道路で出口をうっかり通り過ぎてしまった時に覚えておきたい特別転回

やらかしてしまいました。

昨夜の出来事です。

高速道路で、目的のインターチェンジを、うっかり通り過ぎてしまいました。

焦りました。焦りまくりました。数秒間、パニックになりました。

(出口までバックして戻ろう。)(バックするよりUターンして逆走した方が早い。)なんていう事まで考えました。

しかし、時速80キロで走行しながら、そんな事を考えている内に、本来出るべきだったインターチェンジは遠ざかる一方。

さすがに、その頃には逆走などという無謀な発想は頭から消え、焦る気持ちを抑えて、なんとか落ち着きを取戻しました。

(仕方ない、次のインターで一旦降りて引き返そう。)と決め、次のインターチェンジへ、いつもよりゆっくり走行しながら向かいました。

その道中で、こんな事を思っていました・・・

(もし、あそこで慌ててバックで戻っていたら、又は逆走して戻っていたら、今頃はこの世にいなかったかも知れない。)

(自分だけでなく、衝突した相手の方もどうなっていたかわからない。)

(悲惨な事故のせいで、後ろは大渋滞になるだろう。)

(もしかしたら、事故処理が終わるまで通行止めになるかも知れない。)

(そうなったら、本来徴収出来たはずの通行料が貰えず、高速道路会社も大損害を被る事になるだろう。)

(幸いにも、あそこで事故が起こらず、渋滞も通行止めもなく普通に走行出来ているという事は、高速道路会社にとってもメリットがあるんじゃないか。)

(そういう視点で考えると、高速道路会社から見れば『モスさん。あそこで慌てて事故など起こさず冷静に走行していただいて、ありがとうございます。』という事になるのかも知れない。)

(だとしたら、功労者ともいうべきモスに、高速道路会社から感謝状が授与されるのではないか。)

(いや、金一封が出るかも知れない。)

(きっと、そうに違いない。)

そうこうしている内に次のインターチェンジが目前に迫り、そのままETCレーンへ向かおうかと一瞬思いはしましたが、ゲートの手前、左側に管理事務所らしき建物が見えたので、そちらへお邪魔してみる事にしたのです。

(事情を説明すれば、感謝状か金一封が貰えるだろう。)・・それは全くの冗談で、そんなあつかましい事は一切考えていませんでしたが、(このままETCレーンを無言で通過するより、人の目を見てきちんと事情を説明したい。もしかしたら何か救済策が与えられるかも。)という程度の気持ちでした。

応対してくれた職員のおじさんに、経緯をお話しし、自分の愚かさをお詫びしたところ、特に何も咎められる事なく、実にあっさりと、救済策を与えていただけたのです。まさかの展開に自分でもビックリしました。

モスがあつかましくも想像していたのは(本来の目的地からここまで、一区間余分に走行した分の通行料を免除します。)程度だったのですが、なんと、職員のおじさんがおっしゃるには、『お金はいりませんから、本来の目的地まで高速道路を走行して戻って下さい。』

(きっと、このおじさんは、モスをあわれに思って助けてくれようとしているんだろう。通行料はおじさんが立て替えてくれるつもりなんだろう。そこまで甘えるわけにはいかない。うっかり通り過ぎた自分に責任の全てがある。余分にかかる費用といっても、たかが数百円じゃないか。黙ってETCレーンを通って出よう。)と思いました。

そんなモスの心の内を忖度してくれたのでしょう。すかさず、おじさんが『そういう決まりがありますので、遠慮なく。』とおっしゃりながら、誘導用のライトを片手に、モスが停めた車の方へスタスタと歩いて行かれます。

その後、おじさんに指定された、職員専用らしき道を進むと、反対側の車線に出ました。そこで待っててくれたおじさんに深々と頭を下げ、心からお礼を申し上げ、走行車線に戻ったモスでありました。

一区間を無事に戻らせていただき、ETCレーンを通過すると、本来支払うべき金額がアナウンスされました。

結局、おじさんの言葉通り、余分に走行した一区間往復の通行料は請求されなかった訳です。

これは一体どういう事なのか・・・

おじさんがおっしゃった『こういう決まりがあります。』とは、どんな決まりなんだろう・・・

気になって調べてみましたので、皆さんにお知らせします。



特別転回というルール

今回、モスが経験した事、これを特別転回というそうです。

高速道路で乗り過ごした際、料金所で事情を話せば、無料で反対車線から折り返す事が出来る。という事です。

これを知っていれば、今回のモスの様に、焦ってパニックになったりせず、次の出口まで落ち着いて走行出来ますよね。

 

適用されないケース

特別転回は、料金所で、係りの方に事情を話さないと適用されません。

つまり、スマートインターチェンジや、無人の料金所では、お金を払って出るしかないのです。

この点は、運としか言い様がないですね。

 

利用方法

モスは、料金所手前にある管理事務所へ行きましたが、本来の利用方法は違う様です。

本来の手順は・・・

1:料金所に着く前に、ETCカードを車載器から抜いておく

2:料金所では(一般)ゲートに進む。

3:料金所にいらっしゃる方に、乗り過ごした旨を伝える。この時、通行券をお持ちの方は、それを提示すると、特別転回承認の印を押してくれるそうです。ETC利用の方は、ETCカードを提示します。

4:ここからは、それぞれのインターチェンジの規模や構造によって違う様なのですが、今回のモスの様に、職員専用の通路を通って反対車線に移るケースか、一旦一般道に出て、反対方向の入り口から入り直すケースに分かれるみたいです。いずれにしても、係りの方が進路を指定してくれますので、それに従えば問題ありません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

高速道路の特別転回。

知ってると、いざとなった時に慌てずにすみますよね。

もうすぐ、お盆休みです。

これから帰省や行楽で高速道路を利用される方は、くれぐれも安全運転で、道中楽しくお過ごし下さいませ。

 

それではまた~(=^・^=)




気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

明日は必ず晴れる!? 10月10日は晴れの特異日

2018年最新版・ツイッターの不具合で困った時の対処方法!

途切れる! 遅い! 繋がらない! その問題…無線ルーターの置き場所を変えると解決...

LCCとのトラブルをサクっと解決する最強の裏ワザ教えます

国民の休日って知ってますか?次に恩恵が受けられるのは2026年です!

LCCを利用する前にこれだけは知っておきたい11項目