大阪⇔ハノイの通常運賃が往復25000円!セールならいくらになるのか楽しみなベトジェットエア

2018年11月から
大阪(関西)⇔ハノイ線に就航する
ベトナムの格安航空会社(LCC)
ベトジェットエア

チケットの販売が
始まりましたので
早速チェックしてみました。




運航開始日

2018年11月8日(木)

運航ダイヤ

大阪(関西)⇒ハノイ

VJ939便
大阪(関西) 9:20発
ハノイ 13:10着
※毎日運航

ハノイ⇒大阪(関西)

VJ938便
ハノイ 1:45発
大阪(関西) 7:50着
※毎日運航

通常運賃(往復)

Eco

大人1名:25000円

Skyboss

大人1名:108000円

サービス内容

Eco

無料で機内に持ち込めるのは
56cm×36cm×23cm以内
7kgまで手荷物1個

それ以外に
30cm×20cm×10cm以内
ハンドバッグ
または免税品お買物袋等1個
もしくは
40cm×30cm×10cm以内
PCバッグ1個の持ち込みが
認められています。

Skyboss

無料で機内に持ち込めるのは
56cm×36cm×23cm以内
10kgまで手荷物1個

30cm×20cm×10cm以内
ハンドバッグ
または免税品お買物袋等1個
もしくは
40cm×30cm×10cm以内
PCバッグ1個の持ち込みも
認められています。

それ以外にも
119cm×119cm×81cm以内
30kgまでなら受託手荷物として
預ける事ができます。

また
・座席指定
・ラウンジの利用
・優先チェックイン
・ゲートまで車両による送迎
・優先搭乗
・機内での軽食
・優先降機

などのサービスが受けられ
予約変更も可能となっています。

予約に関する注意点

オンラインで予約する場合は
・Internet Explorer
・Microsoft Edge
・Safari
などを利用して下さい。

現在のところ
・Google Chrome
には対応していませんので
ご注意下さい。

ベドジェットエアについて

ハノイに本拠を置く
ベトナムの格安航空会社。

2007年に会社設立。

当初はエアアジアとの合弁で
ベトジェット・エアアジア
として運航する予定でした。

しかし、ベトナム政府の
外資規制方針によって
その運航が許されず
エアアジアが資本を引き上げた後
2011年12月25日から
ベドジェットエアとして
運航を開始しました。

2017年7月
日本航空(JAL)との
包括的業務提携を発表。
相互にコードシェア
(共同運航)を行うほか
マイルによるサービスなども
提携対象として検討されています。

現在、同社が保有する機材は55機。
エアバスA320-200型機(180席)
A321-200型機(230席)
A321neo(230席)

大阪(関西)⇔ハノイ線には
A320-200型機(180席)が就航します

まとめ

ベトジェットエアが就航する事で
選択肢が増え
関西からハノイへのフライトが
より便利になりますね。

また、この路線でのセール価格が
いくらになるのか楽しみです(^^)

ベドジェットエアの
公式サイトへはこちらから
アクセスできます。

セールまで待てない!
というあなたは通常運賃の
最安値で販売されている内に
チェックしてみて下さい。

以上、11月から新規就航する
ベドジェットエアについての
お知らせでした。

 

それではまた~(=^・^=)





 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

モスのツイッターはアウト?セーフ?もしかして強制送還になっちゃう?

飛行機が安全に飛ぶために私達が必ず実践すべき事!

南北首脳会談・その内容より金正恩夫人(李雪主)の美貌が気になりすぎた

影武者について考えていたら眠れなくなった話し

”お誕生日おめでとう” メッセージについて

緊急配信!北朝鮮が6回目の核実験※追記あり