2020年のカレンダーに異変が!東京五輪の影響で祝日が変わるかも

いよいよ2020年には
東京五輪
パラリンピック大会
が開催されますね。

大会期間中は世界各国から
大勢のお客様がこられます。

おもてなし国家の日本としては
観戦のお客様のみならず
選手や関係者
各国要人
日常生活をされている方々などが
スムーズに移動できるようにと
様々な案が練られています。

そんな中、一つの案が
まとまりそうな気配です。




祝日の移動

五輪の開会式(7月24日)と
閉会式(8月9日)の前後は
特に往来の集中が予想されます。

警備や交通の混乱を避けるため
また、テロ対策の観点からも
有効な策として出されたのが
祝日の移動案です。

東京五輪パラリンピック大会
特別措置法の改正案として
国会に提出されるようです。

どのように変わるのか
具体的にみてみましょう。

海の日を7月23日に移動

7月の第3月曜日と定められた
海の日ですが
2020年に限り7月23日
変更される見込みです。

山の日を8月10日に移動

毎年8月11日山の日
定められた祝日ですが
2020年に限り8月10日
変更される見込みです。

体育の日を7月24日に移動

もともとは
日本で初めて開催された
東京五輪の開会式が
1964年10月10日に
行われた事から
10月10日が体育の日として
定められた祝日です。

現在はハッピーマンデー制度の
適用により10月の第2月曜
なっています。

このため本来なら
10月12日が体育の日
となるはずなのですが
2020年に限り7月24日
変更される見込みです。

具体的にどうなる?

7月のカレンダー(変更前)

7月のカレンダー(変更後)

お子様は夏休み期間中なので
それほど影響はありませんが
社会人の方にとっては
4連休になる可能性があります。

東京五輪を楽しむのも良し。

混雑するお盆休みの前に
早めのバカンスを楽しむのも
いいですね(^^)

8月のカレンダー(変更前)

8月のカレンダー(変更後)

本来、飛び石だったものが
改正されれば3連休になります。

もしかすると大手企業では
お盆休みと重なるかも知れません。
そうなると
さほど影響はありませんが
カレンダー通りのお休みの方には
ちょっぴり嬉しい連休ですね(^^)

10月のカレンダー(変更前)

10月のカレンダー(変更後)

最近は少なくなりましたが
この時期に運動会を行う
学校や各種団体には
影響があるかも知れません。

秋祭りの行われる時期でもあり
祭礼の実行委員の皆様には
悩みの種ともいえますね。

2020年だけの事とはいえ
10月に祝日がないのは
少々寂しい感じがします(^^;

まとめ

連休を利用して旅行などを
計画されるあなたは
早めの予約が得策です。

7月も8月も、もともと
ハイシーズンの価格設定のため
費用面でのうま味は少ないですが
今ならライバルが少ないため
予約は取りやすいかも…!

競争率の高い人気ホテルなど
早めに抑えてみては
いかがでしょうか?

2020年の夏
あなたとあなたの大切な人が
素敵な時間を過ごせますように…

 

それではまた~(=^・^=)





 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

ん? あぁ~なるほど これはナイスアイデアだ!

wordpressで画像が表示されない不具合を解決した方法

カラアゲニストを目指すあなたは必見!唐揚検定試験パーフェクトガイド

シンガポール航空が世界初就航させる B787-10(ドリームライナー)が素晴らし...

スチュワーデスって知ってますか?

国内旅行に安く行きたいなら 2月 6月 11月がねらい目です!