海外旅行に行かれる方は たびレジをお忘れなく

早速ですが、皆さんは、たびレジをご存じでしょうか?

たびレジとは・・・

たびレジとは、海外旅行に行かれる方が、あらかじめ外務省に旅行日や訪問地等を登録しておく事で、いざという時に在外公館などから緊急時情報提供を受けられる、というサービスです。

緊急時情報とまでいかない、小さなリスクがある場合にも、情報提供を受けられます。

この様に、旅行者にとって、とても有益なサービスで、モスも、ありがたく利用させていただいています。

しかし、そのありがたいサービスを、受けられない場合があるのです。

それは、たびレジに登録する為には、宿泊施設の名称と電話番号を入力しなければならない、という規定があるからです。




モスが海外へ渡航するのは、格安航空券が安値で入手出来た場合のみです。

しかも、モスの場合、飛行機に乗る事だけが目的なのと、まとまった休みが取れない事から、週末弾丸渡航になる事が多く、0泊2日や0泊3日というスケジュールになりがちなのです。

韓国の仁川国際空港、中国の上海浦東国際空港、マレーシアのクアラルンプール国際空港、シンガポールのチャンギ国際空港、など、24時間オープンの空港なら、時間を問わず空港内で快適に過ごす事が出来ますので、滞在時間に余程の余裕がない限り、宿泊施設は確保しません。

同じ韓国でも、釜山金海国際空港は24時間オープンではありませんので、近隣の安いゲストハウスを事前に予約しています。

ですので、釜山金海国際空港から入国する場合は、入国審査の際に提出する入国カードに、いつもきちんと宿泊先の名称と電話番号を記入しているのですが、仁川国際空港、上海浦東国際空港、チャンギ国際空港、などから入国する場合、大抵、モスの入国カードの宿泊先記入欄には(DAY TRIP)=(日帰り)とだけしか記入していないのです。

それでも、各国の入国審査には何ら問題はないのですが、問題なのが、先に述べた、たびレジへの登録です。

たびレジには、パスポート番号○○○○、氏名○○○○、訪問国○○、訪問都市○○、主な目的地○○、旅行期間○月○日~○月○日、宿泊先○○○、電話番号○○○○、を届ける必要があります。

「こういう者が、この期間、ここを訪問し、ここに滞在していますので、万が一の際は宜しくお願いいたします。」という事なのでしょう。

しかし、宿泊先を確保しないで旅立つ場合、記入すべき欄を埋められない為、たびレジへの登録が出来ないのです。

 

しかし・・・

なんと、たびレジのシステムが、2017年5月1日より、簡素化されているではありませんか。

今まで、入力が必須だった、パスポート番号、漢字姓名、目的地、宿泊先、が、入力不要になっています。

これなら、宿泊施設を確保しない0泊2日や0泊3日の弾丸トリップの際にも、たびレジから渡航先の情報を受ける事が出来ます。

 

モスの様に、飛行機に乗る事が唯一の目的で、しかも0泊2日や0泊3日の弾丸トリップ、などという酔狂な方は、まずいらっしゃらないと思いますが、最近では、LCCを利用して海外日帰り旅行に行かれる、といった方が、少しずつ増えている様に思います。

その様な旅行スタイルが定着しつつある事から、新しいニーズに応じる為、今回の簡素化に至ったのかも知れませんね。

いずれにしても、旅行者にとって、本当にありがたいシステムになりました。

 

いかがでしたでしょうか。

日程や行先に関係なく、海外に行かれる全ての方が恩恵を受けられる様になり、ますます便利になった、たびレジ。

海外へ行かれる際には、たびレジへの登録をお忘れなく。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

それではまた~(=^・^=)

 

 




 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

4月30日から関空と直行便で結ばれる務安(ムアン)ってどんなところ?

ESTA 申請の適切なタイミングは? カズさんの失敗から学ぼう

チャンギ国際空港のセルフチェックイン機でエアアジアの搭乗券を発行する方法

釜山・金海国際空港(アシアナラウンジ)プライオリティパスで入れる落ち着いたラウン...

シンガポール・チャンギ国際空港(SATS Premier Lounge)プライオ...

香港国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジ・PLAZA PREMIUM L...