超簡単!シンガポールMRTの自動券売機でez-linkカードに現金チャージする方法

ez-link
日本のSuicaICOCA
韓国のT-moneyのように
チャージする事で繰り返し使える
シンガポール交通カードです。

これがあればMRTに乗車する度に
切符を買う必要がなくなりますし
バスに乗車する際にも使えます。

とても重宝なカードですが
残高がなくなれば使えません(^^;

チャージする方法は
いくつかありますが
会話する必要もなく一番簡単
自動券売機でのチャージ方法
ご紹介いたします(^^)




ez-linkへのチャージ手順

MRTの自動券売機で行います

こんな感じです

 

ez-linkカードを置く

赤い矢印部分にカードを置きます

自動券売機がカードを検知すると
画面が変わります。

ちなみに左に表示されている
$3.62とあるのが現在の残高です。

チャージを選択

Add Value をタッチします

 

現金チャージを選択

Cash をタッチします

 

このような画面に変わります

 

紙幣を投入

赤い矢印部分に投入します

投入可能な紙幣は
・2ドル
・5ドル
・10ドル
・50ドルの4種類。

最低チャージ金額は10ドルです。

投入金額を確認

投入した金額と表示された金額に
間違いがなければ OK をタッチ

 

このような画面に変わります

 

チャージ完了

20ドルチャージして
残高が23.62ドルになりました

 

レシートを発行する

レシートが必要な場合は
Receipt をタッチします

 

レシートが出てきます

ez-linkカードの取り忘れにも
注意しましょう(^^;

注意点

ez-linkカードには
有効期限があります

 

購入時のレシートに
有効期限が書かれています

2017年9月17日に購入したものは
2023年7月20日まで有効です。

期限が切れてしまうと
チャージ残高も無効になりますので
ご注意下さい。

ez-linkカード・豆知識

おすすめの購入場所

MRTチャンギ国際空港駅
自動券売機の反対側にある
Passenger Serviceという
有人の窓口。

ここの窓口のスタッフさんは
旅行者の応対に慣れていますので
語学に自信がなくても安心です(^^)

I want to buy ezlink card 
と言えば完璧です。

ezlink card please
でも通じますよ(^^)

但し、こちらでは
カードの図柄は選べません。

販売価格

12シンガポールドルです。

その内5ドルはカード代金で
返金されません。

残り7ドルがあらかじめ
チャージされた金額です。

ちなみにチャンギ国際空港駅から
シティホール駅まで1.69ドル。

7ドルあれば
この区間を2往復できます(^^)

払い戻し

帰国前など
ez-linkカードが不要になったら
払い戻しも可能です。

Passenger Service
ez-linkカードを提示して
 I will not use this card any more, could you refund ?
と言えば完璧。

Please refund
でも通じます(^^)

改札にタッチした時に表示される
残高が返金されます。
※カード代金の5ドルは返金対象外
※カードは戻ってきません

残高がわずかなら
旅の記念に持って帰るのも
アリですね(^^)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

カードの購入時や払い戻しの際は
有人の窓口に行き
用件を話す必要がありますが
チャージに関しては
自動券売機で行う方法が
簡単で便利です。

ちなみにコンビニの
セブンイレブン(一部の店舗)でも
チャージは可能ですが
手数料がかかりますので
おすすめしません。

Passenger Serviceでの
チャージは手数料不要です。

シンガポールにのMRTは
かなり長い距離を移動しても
2ドル程度と安いですので
ez-linkカードを利用して
あちこち移動してみて下さい(^^)

 

それではまた~(=^・^=)





 

 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

香港エクスプレスの復路10円キャンペーンは本当にお得か検証してみた

エアアジア vs ジェットスター!お得なのはどっち?

プライオリティパスは貧乏旅行の必須アイテム

最新版!関空・大韓航空ラウンジ(KAL BUSINESS CLASS LOUNG...

シンガポール航空 B787-10型機 就航開始!16日からは関空の全便が新型機に...

2018年3月 関空KALラウンジ・気になる同伴者情報を調べてみると意外な結果が...