海外発券サイト Travel2be で激安航空券を買ってみた!その結果と感想

格安航空券を探していると
ちょくちょく目にする
海外に本拠を置く旅行代理店
Travel2be

日本での知名度は高くなく
馴染みもないため
これまでは敬遠していたのですが
ある日、あまりの激安価格に
ついポチってしまいました(^^;

で、実際どうだったのか?
今回はその辺りについて
正直な感想を述べてまいります。




Travel2be について

スペインの首都マドリードに
本拠を置く旅行代理店で
Travelgenio という代理店も
同じ系統のようです。

Travel2be で購入しましたが
発行は Travelgenio でした

スカイスキャナーでの検索結果では
Travel2be Travelgenio
両社が同じ価格で最安値に
表示される事が多いです。

どちらで購入しても同一条件
という事なのでしょうね(^^;

安さのカラクリ

今回購入したのは ANAの国内路線
伊丹⇔青森往復です。

ANAの公式サイトで購入すると
最安値でも片道10860円

それを Travel2be では
往復12868円で販売。
※Travelgenio も同額

手数料などを含めた総支払額は
13821円

何故ここまで安いのか?

その答えは・・・

海外乗り継ぎ割引運賃だから!

そもそも海外乗り継ぎ割引
国際線航空券の購入と同時に
国内線航空券を購入すると
石垣線など一部を除いた国内線が
片道5500円(税別)で買える制度。

その内の国内線部分だけを
切り売りしているようですね(^^;

でも、これって大丈夫なの?
本当に乗れるの?




搭乗までの流れ(ANA)

事前座席指定(無料)

ANA公式サイト予約確認画面で
Travel2be から送られてくる
6桁の予約番号を入力すると
座席指定する事ができます。

 

チェックイン

出発当日は空港に設置された
自動チェックイン機で
搭乗券を発行します。

今回モスはANA Mileageアプリの
提示用デジタルカードをかざして
チェックインしました。

操作の途中で入力を求められるのは
年齢のみ。

アッという間に完了します(^_-)-☆

何の問題もありませんでした

 

手荷物預け

伊丹空港では
セキュリティチェックを受けた後
カウンターへ預けます。

青森空港ではカウンターで
タグを付けてもらった後
セキュリティチェックを受ける
流れでした。

いずれにしても手荷物に関しても
問題なく預ける事ができました。

保安検査後搭乗口へ

定時運航でした

 

74人乗りのDHC8-Q400型機は
伊丹空港ではタラップでの搭乗
※青森空港では
ボーディングブリッジでの搭乗

 

機内サービスも他のお客様と
全く同じです

本当に大丈夫なのか?
ちょっぴり不安でしたが
何の問題もなく利用できました(^^)

メリット

とにかく安い

Travel2be で購入する
最大かつ唯一のメリットは
安さです。

とにかく安く移動したい!なら
利用してみるのもいいでしょう。

デメリット

マイル付与率が低い

伊丹⇒青森の移動で
通常付与されるのは523マイル

それに対して今回
Travel2be で購入したチケットで
付与されたマイルは
通常の30%(156マイル)でした。

まあこれは安いチケットなので
仕方ない事なのですが(^^;

ちなみに今回の往復では
Mileage            312
Premium pt    626
が付与されました。




日本語対応だけど?

今回は往復共に定時運航で
全く問題ありませんでしたが
悪天候による欠航など
不測の事態ではどうなるのか
気になるところです。

Travel2be のサイトは
日本語表記があり使いやすく
購入までは何の問題もありません。

困った事があった場合は
日本語での問い合わせも可能です。

03-4577-7755
電話での問い合わせも可能。

しかしながら色々調べてみると
少々難ありな様子です(>_<)

返金不能?

全てを物語っているのが
Trustpilot というサイト。

Travel2be の利用を検討するなら
Trustpilot を是非ご覧下さい。

これを見ると29%のユーザーが
ひどいと評価しています。

そのほとんどが
キャンセルしたのに返金されない!
欠航したのに返金されない!
というものばかり(>_<)

全てを鵜吞みにしないとしても
これはかなりマイナスですね。

結論

利用は自己責任で!

今回のように定時運航されれば
全く問題ありませんが
何か問題が起こった場合の対応は
日本の航空会社や旅行代理店とは
全く異なるようです。

安く買える反面
返金されないリスクがある
承知しておく方がいいでしょう。

過度な期待は禁物です!

・とにかく安けりゃいい!
・欠航になったら諦める!
というキャパの持ち主なら
利用するのもアリですが
日本企業独特ともいえる
細やかな対応を求めるなら
少々高くても他をあたる方が
良さそうです(^^;

以上 Travel2be を利用した
赤裸々な感想でした。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

この記事が少しでも
あなたのお役に立てれば幸いです。

Have a nice trip!

 

それではまた~(=^・^=)




気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

KIX-ITMカードでフライトポイントを付け忘れた時の事後登録の手順

関空・大韓航空ラウンジ(KAL BUSINESS CLASS LOUNGE) 最...

関空のラウンジ「比叡」は到着便でも利用できます

楽天カードで入れる 関空 カードラウンジ 金剛 へ行ってみた(^_-)-☆

関空で一番安く泊まるなら漫喫がおすすめ!フリードリンクでシャワーも使えます

リニアモーターカーに無料で乗れます・仁川空港磁気浮上鉄道