読者の皆様ならびにフォロワーの皆様へモスよりご挨拶

毎日更新を続けてきた当ブログは
12月24日以降
更新しておりません。

ご心配いただいている
読者の皆様ならびに
ツイッターのフォロワーの皆様へ
その理由について
お話しいたします。

今上天皇陛下の御心

日本国の天皇は
2678年もの長きに渡って
脈々と受け継がれ
現在に至っています。

その皇位が
万世一系の男系によって
継承されてきた事は
我が国の誇れる歴史です。

いよいよ来年は御譲位が行われ
改元される事になります。

そんな中、先日行われた
平成最後の誕生日会見の冒頭で
今上天皇陛下は
このように発せられました。

この一年を振り返るとき
例年にも増して多かった
災害の事は忘れられません。

集中豪雨、地震、そして
台風などによって
多くの人の命が落とされ
また、それまでの生活の基盤を
失いました。

新聞やテレビを通して
災害の様子を知り
また、後日
いくつかの被災地を訪れて
災害の状況を実際に見ましたが
自然の力は
想像を絶するものでした。

命を失った人々に
追悼の意を表すると共に
被害を受けた人々が
一日も早く元の生活を
取り戻せるよう願っています。

 

これらのお言葉から
常に国民を気遣い
常に国民を想う陛下の
お優しい御心が
ひしひしと伝わりました。

また、このようにも
仰せになられました。

私は即位以来
日本国憲法の下で
象徴と位置付けられた
天皇の望ましいあり方を
求めながら
その務めを行い
今日までを過ごしてきました。

譲位の日を迎えるまで
引き続き
そのあり方を求めながら
日々の務めを
行っていきたいと思います。

 

今上天皇陛下は
今もなお数多くの
公務をこなされています。

しかし、これらの公務だけが
陛下のお考えになられる
務めではありません。

では、ここで仰せになられた
務めとは何か…

それは祈りです。

陛下はいついかなる時も
私達国民一人一人の
幸せを祈って下さっています。

おそらく陛下は
譲位なされ
上皇となられた後も
今までと同じように
私達の幸せを
祈って下さるはずです。

国民の幸せが最優先

昭和天皇の崩御によって
即位なさられた今上天皇陛下は
これまで30年間
常に国民の幸せを最優先に
お暮しになってこられました。

読者の皆様の中には
信じられない!と思う方も
いらっしゃるかも知れませんが
陛下ご自身は
贅沢などとは程遠い
質素な暮らしをなさっています。

例えば
陛下がお乗りになられるお車から
それを窺い知る事ができます。

今上天皇陛下は
先日のお誕生日までが期限の
運転免許証を更新されず
もうハンドルを握る事を
おやめになるそうです。

天皇陛下や皇后陛下が
お車に乗られるのは
御料車と呼ばれる
黒塗りの車の後部座席
というイメージですが
実は陛下ご自身が
運転される事もあったのです。

もちろん運転されるお車は
御料車ではなく
陛下が所有するお車です。

天皇陛下の愛車って…
どんな高級車なんだろう…
気になりますよね(^^;

愛車はインテグラ

当時のCMキャッチコピー
〝カッコインテグラ〟
というフレーズが
頭に浮かんだ方も
いるのではないでしょうか?

1991年式の
ホンダ・インテグラです。

ボディカラーはグレー。
排気量は1600cc 。
4ドアハードトップの
マニュアルミッション車で
購入時の価格は120万円
だったそうです。

その外観は
CMキャッチコピーの通り
スポーティで格好いいのですが
驚くのは
この車をお選びになられた
陛下のセンスの良さ
だけではありません。

1991年式の車を
現在までお乗りになられた事に
驚きを隠せません。

インテグラに限らず
この年式の車に
今もお乗りの方は
ほとんどいないのでは
ないでしょうか…。

この事から
陛下が物を大切にされ
質素にお暮らしの様子を
窺い知る事ができます。

象徴である天皇陛下が
自らの富や欲をお求めにならず
私達の幸せだけを願って
お暮しになられている事に
ただただ頭が下がる思いです。

あまりも多過ぎた災害

陛下のお言葉にもありましたが
今年は例年にも増して
災害の多い一年でした。

大雪・噴火・地震・台風などの
自然災害に
事件・事故なども加えると
今ふり返ってみるだけでも
恐ろしくなるほどです。

実際に被災地へ行き
その現状を目の当たりにした
西日本豪雨災害は
特に胸が痛みました。

陛下の足元にも及びませんが
モスも常日頃から平和を
祈っている一人です。

今年も今までと変わらず
祈り続けましたが
災害は減りませんでした。

被災された皆様が
一日も早く元の生活に戻り
笑顔が取り戻せるようにと
精一杯の支援もしてきました。

しかし今もなお
苦しい生活を強いられた方々が
大勢いらっしゃる事に
とても心が痛みます。

懺悔

会見での陛下のお言葉を拝聴して
祈りについて考えていたところ
あるとんでもない事実を
思い出しました。

先程も述べましたが
モスは常日頃から平和を
祈っています。

毎日欠かさず祈っていま…

と言いかけましたが
昨年末のあの日だけ
完全に祈りを忘れていたのです。

雲ひとつない青空 午前中から照りつける太陽 ジリジリと焦げる肌 ハワイはいつだって真夏 暑ぃ~^^; 半袖半パン&ビーチサンダルで...

12月29日の夜
関西国際空港を出発したモスは
ハワイに丸1日滞在した後
大晦日に帰国しました。

ハワイを発つ直前
現地時刻の12月30日8時頃
いつものように祈ったのです。

しかし、ハワイと日本には
19時間の時差があるため
30日の朝のつもりで
祈っていた時間は
日本の12月31日3時でした。

つまり2017年12月30日は
祈りのない日
になってしまったのです。

今年災害が多かったのは
モスさんの祈りの責任では
ないと思いますよ
と声を掛けてくれる
優しいフォロワーさんには
感謝感謝です。

しかしながら
例年より災害が増えた
という現実に
悔やんでも悔やみきれない
思いでいっぱいなのです。

来年こそ良い年に

2017年12月30日の件について
深く考える事もなく
今年も残り一週間という日まで
過ごしてきましたが
このままではいかん!
と思い至りました。

1年前のあの日
スッポリ抜けた穴を埋めるべく
24日以降はブログの更新を中断し
祈り続けています。

残り僅かとなった2018年が
平穏でありますように。

そして来年こそ
誰もが笑顔で過ごせる
平和で穏やかな一年で
ありますように。

最後に

読者の皆様
今年も一年
ありがとうございました。

来年はさらにパワーアップを
目指しますので
どうぞご期待下さい。

ツイッターのフォロワーの皆様
不具合に悩まされるモスに
優しく繋がっていただき
本当にありがとうございました。

今後共宜しくお願いします。

 

心あるあなたに幸多かれ。

モス

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

関連記事がありません。