ESTA 申請・これを読めば簡単にできます!

アメリカに入国する際、必ず必要になるのが ESTA です。
その取得にはいくつかの方法がありますが、
もっとも経済的簡単な方法がご自身での申請です。


難しそうだなぁ。


英語わかんないよ~!

そうおっしゃるあなた…
この記事を読みながら申請してみて下さい。
英語がわからなくても大丈夫です!
簡単なので安心して下さいね(^^)

 

ESTA とは

Electronic System for Travel Authorization(電子渡航認証システム)

日本人がアメリカ合衆国(本土、ハワイ、グアム、サイパンなど)へ渡航しようとする際、滞在期間が90日以内であればビザ無しで入国する事が出来ます

では、パスポートと航空券があればOKかというと、それだけではダメなのです。

ビザが要らない代わりに、事前に簡単な手続きをしておく必要があります。
それが
ESTA (電子渡航認証システム)です。




ESTA 申請に必要なもの

有効なパスポート

パスポート番号の入力が必要です。
発給申請中の方は旅券事務所で受け取ってから ESTA の申請をしましょう。

旅行中の滞在先

滞在先の名称、住所、電話番号の入力が必要です。
ホテルやホームステイ先などが確定してから ESTA の申請をしましょう。

クレジットカード

支払い方法はクレジットカードのみです。
ご本人名義のクレジットカードが無くても大丈夫です。
その場合は…
ご家族や同行者の方のカードで支払う事ができます。

それも不可能な場合は…
別途料金がかかりますが業者に依頼して下さい。
※業者については後述します。

申請費用は一名につき 14 US ドルです。

 

ESTA 申請方法

Department of Homeland Security の公式ウェブサイトから手続きします。

公式ウェブサイトはこちら

この様なページです

ご覧の通り、ホームページは日本語表記されています。
手順通り進んでいけば何も迷う事はありません

入力するのは数字とアルファベットのみです。
全角での入力はエラーになります。
必ず半角英数にしておきましょう。

入力した項目をよく確認して間違いがなければ、
クレジットカード情報を入力し、
しばらく待つと承認画面に変わります。

 

この様な画面が出ますので、念の為にプリントアウトしておきましょう。

ESTA 申請はとにかく簡単です。
是非ご自身で手続きしましょう。

ご自身で行えば、かかる経費は 14US ドルだけで済みます。




注意点

申請代行業者

この記事の上の方に貼ったリンクから
 Department of Homeland Security の公式ウェブサイト
 に移って申請されるなら何の問題もありません。

しかし、もし日を改めて申請されるなら、
申請される前に再度このページに貼ってあるリンクから
 Department of Homeland Security の公式ウェブサイト へどうぞ。

もしも、このページの存在を忘れてしまった場合、
おそらくあなたは、 Google の検索窓に、
「ESTA」「申請」
などの文字を打ち込む事になるでしょう。

実はモスもそうでした^^;

検索結果は Google 先生の判断で変動しますが、
今日出てきた検索結果のトップは
在日米国大使館・領事館へのリンクでした。

ちなみに3番目に表示された項目をクリックすると
 Department of Homeland Security の公式ウェブサイト
に行けるのですが、残念ながら表示された文言には、
Department of Homeland Security の公式ウェブサイト
とは一言も記載されていません。

また、在日米国大使館・領事館のページからも
 Department of Homeland Security の公式ウェブサイト
に行く事が出来ます。

しかし、モスはダイレクトに
 Department of Homeland Security の公式ウェブサイト
に移りたい気持ちから、そこがそうだと思い込んで、
2番目に表示されていた
「ESTA(エスタ)申請サイト」に行きました。

必要項目を入力し、最後の支払い画面に移ると、
手数料が6千数百円と表示されました。
そこで気付いてその画面から離れたので事なきを得ましたが、
これから申請されるあなたは、こういうところに迷い込まない様、
くれぐれも注意して下さい。

そこは、いわゆる申請代行業者だと思われます。
実際にそこで6千数百円の手数料を払えば確実に申請が完了するのかどうかは、
利用した事がないのでわかりません。

クレジットカードがない場合は業者に依頼する必要があるのですが、
その場合は申請代行業者より旅行代理店に相談しましょう。
その方が、より安全で確実だという印象をもちました。

申請する事ができるのはインターネットのみ

  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

などから申請する事ができます。

ガラケーや郵送による申請はできません。

乳幼児も申請が必要です

乳幼児でもパスポートが必要です。
同じように ESTA の申請も必要です。

忘れずに、保護者の方が代理で申請して下さい。

 

まとめ

アメリカに渡航される方が避けて通る事の出来ない ESTA 申請

正規の申請手続きは経済的でとても簡単です。
特別な事情がない限りは是非ご自身で行って下さい。

事情により第三者に依頼する場合は旅行代理店へ相談しましょう。

尚、ESTA の有効期限は申請した日から2年です。
ESTA の有効期間内にパスポートが失効した場合は、
その時点で ESTA も失効します。

以上、ESTA の申請と注意点についてでした。

 

それではまた~(=^・^=)




 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

ハワイ・ホノルルで一番安い宿に泊まってみました(^^)

PLAZA PREMIUM LOUNGE(第1ターミナル・40番ゲート)・香港国...

釜山・金海国際空港(アシアナラウンジ)プライオリティパスで入れる落ち着いたラウン...

プライオリティパス公式ページには載っていない香港のラウンジ最新情報・PLAZA ...

海外旅行に行かれる方は たびレジをお忘れなく

シンガポール(チャンギ国際空港)プライオリティパスで入れる一般エリアにあるラウン...