ハウスマヌカンは何処へいったのか?

こんにちは、モスです。

早速ですが、あなたは
ハウスマヌカンをご存知ですか?

ハウスマヌカンとは
ある職業の名前なのです。

ある時期、一世を風靡した
といっても過言ではないくらい
大ブームを巻き起こした言葉です。

現在も間違いなく
その職業に就いている方は
存在するはずなのですが
何故か今では、その名前を
聞く事すらなくなってしまいました。

先程、ある時期と述べましたが
この職業自体は
それよりずっと前から
存在していたはずなのです。

つまり、同じ職業を
ある時期にはハウスマヌカンと呼び
それ以前も、それ以降も
また別の呼び方で呼ばれている
ある意味
特殊なケースといえる訳です。




ハウスマヌカンとは

前置きが長くなりましたが
ハウスマヌカンと呼ばれる
その職業とは・・・

ブティックの販売員さん
なのです。

ブティックの販売員さんと聞けば
誰でも、それがどの様な職業か
すぐに頭に浮かびますよね。

では、何故
ブティックの販売員さんが
ハウスマヌカンと
呼ばれなくなったのでしょうか?

そもそも
ハウスマヌカンと呼ばれる職業は
どういった内容だったのでしょうか?

ハウスマヌカンの由来

ハウスマヌカンの
ハウス
英語の
house
マヌカン
フランス語の
mannequin

なんと
英語とフランス語のコラボという
贅沢でお洒落な言葉ですよね。

その、贅沢でお洒落な言葉の職業は
当時の女性の憧れであり
時代の最先端だったのです。

DCブランド

今から35年程前
DCブランドブーム
が巻き起こっていました。

DCブランド
(でぃーしーぶらんど)とは
デザイナーズブランドと
キャラクターズブランドの総称です。

それぞれを
わかりやすく説明しましょう。

デザイナーズブランドとは

デザイナーの名前を前面に押し出し
その名前を強烈にアピールし
ブランドのイメージを
確固たるものにする事を
戦略とした商品です。

有名なブランドとして
・コムデギャルソン
・ジョルジオ アルマーニ
などがあげられます。

キャラクターズブランドとは

企業の経営戦略として
特定のイメージやキャラクターを
前面に押し出して
その名前を強烈にアピールし
ブランドのイメージを
確固たるものにする事を
戦略とした商品です。

有名なブランドとして
ピンクハウス
・BIGI
・DIESEL
などがあげられます。

ハウスマヌカンが生まれた背景

先程あげたブランドは
今でも有名なブランドですが
これらの店舗が
日本中のあちらこちらに
まるで野原に土筆が生えるごとく
急激に出店したのでした。

その当時、例えば
近所の洋品店で
母親が購入してきた服を
当たり前に着ていた若者が
新しく出店したブランドの
お洒落なイメージに刺激され
なけなしのお小遣いを握りしめて
キラキラと目映いばかりに輝く店舗に
多少の気後れ感を持ちながらも
こぞって訪れていたものです。

かく言うモスも
その中の一人なのでした^^;

この様に
ライバル店舗が一斉に出店すれば
当然熾烈な競争になる訳です。

そんな中
街行く人々に少しでも
自店の商品をアピールしようと
考えられたのが
販売員さんのモデル化だったのです。

販売員さん自らが
店で扱う
最新のファッションを身に着け
それまでの
固定されたマネキンではなく
生きたマネキンとなって
よりリアルな形で
人々にアピールする様になりました。

そういった販売員さんの事を
ハウスマヌカンと呼んでいたのです。

いつしか呼び方が変わりました

人々の目を惹きつける為には
スタイルやヘアデザインも含めて
トータルに磨きをかける
必要がありました。

その為の努力は
想像を絶するものが
あったと思われます。

当時を知るモスの記憶を申しますと
とにかく
その頃のハウスマヌカンさんは
それはそれは
素敵なお姉さん達でした。

そんなDCブランドの店舗も
ブームが過ぎると撤退したり
規模を縮小したり
別の場所へ移転したりしました。

それと同時に
ハウスマヌカンという
魅力的な呼び方も
いつの間にか消えていった
という経緯だった様に思います。

しかし
今も街のあちこちに
魅力的なブテッィクはありますよね。

そして、そこには
お店で扱う商品を身に着けた
素敵な販売員さんも
存在していますよね。

現在では
そういう販売員さんの事を
ファッションコーディネーター
と呼ぶそうです。

それはそれで素敵な名称ですが
ハウスマヌカンという
英語とフランス語がコラボした
名称も素敵だと思いませんか?

きっと
あなたが住まれている街にも
今は別の名前で呼ばれている
ハウスマヌカンさんが
今日もお洒落な店舗で
頑張って働いている事でしょう。

夜霧のハウスマヌカン

ハウスマヌカンという職業が
羨望の目を集めていた頃
世間で流行っていた歌があります。

そのタイトルが
夜霧のハウスマヌカンです。

ややさん
という歌手が歌っておられて
これまた当時
大流行したのでした。

ご存知ない方は
是非
聞いてみて下さい。

当時のハウスマヌカンさんの
悲哀の様な部分を
うかがい知る事が出来ると思います。

ご存知の方も
久しぶりに聞いてみては
いかがでしょうか。

あの頃が
懐かしく思い出されると思います。

最後に

最後までお読みいただき
ありがとうございます。

いかがでしたでしょうか?

ご感想など
コメントを残していただけると
嬉しいです。

励みになりますので
よろしくお願いいたします。

 

それではまた~(=^・^=)

 




気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

wordpressで画像が表示されない不具合を解決した方法

次世代新幹線の鼻は E5系より長ぁ~くなりそうです(^^)

旅券発給申請書を自宅で簡単にプリントアウト・手書きするのはサインだけでOK!

ワードプレスで500エラーが出たら読んで下さい

衣替えにおすすめの収納法・スーツケースを使えば場所いらず&取り出し簡単

2020年のカレンダーに異変が!東京五輪の影響で祝日が変わるかも