ハワイ・ホノルルで一番安い宿に泊まってみました(^^)

常夏の島・ハワイ!
ハワイといえば オワフ島・ホノルル
青い空、青い海、陽気な人柄…
世界中から愛されるこの街は
年中多くの観光客で賑わっています。

ただ、一つ難点をあげれば
ホノルルのホテルは高いのです。
高層ビル…という意味の高さではありません!
宿泊料金が高いのです^^;

そこで、今回は
ホノルルで一番安い宿 に泊まってみましたので
そのレビューをお届けします(^^)




Waikiki Beachside Hostel

ワイキキ ビーチサイド
どうです?
魅力的な響きでしょ(^^)
ワイキキビーチのそばという印象ですよね。


ここって安宿なんだろ?名前だけで実際は海も見えない山の中にあるんじゃないの?

いえいえ、さすがに部屋から海は見えませんが
ワイキキビーチは目と鼻の先ですよ(^^)
よ~く見て下さい…
Hotel の中に s が混じってるでしょ^^;
つまり、ここはホテルではなく
ホステルなんです。


ホテルとホステルの違いって何なのよ?

例外もありますが、簡単にいいますと

ホテル ホステル
自分で部屋を独占できる 相部屋(ベッドだけ独占)

といったところでしょうか。

俗にいうドミトリーという訳です(^^)

 

おすすめポイント

ビーチが近い

宿からワイキキビーチまで徒歩1~2分。
水着で直接ビーチに行けちゃいますよ(^^)

 

ホノルル動物園もすぐそば

こちらも宿から徒歩1~2分。
入口前には芝生の広場が広がっています。
ベンチもありますので、ここで休憩するのも有りですよ(^^)

 

ABCストアが近くに2軒も

コンビニ兼おみやげショップ。
上の写真は宿から山側に徒歩20秒ほどのお店。

もう1軒はビーチへの道中にあります。
ここはかなりお世話になりました(^^)
※24時間営業ではありません

 

ワイキキトロリー(ピンクライン)の乗り場が近い

アストン・ワイキキ・ビーチ・ホテル
この停留所から宿まで徒歩30秒ほどです。

ワイキキトロリー(ピンクライン)は
インターナショナルマーケットプレイスや、
アラモアナセンターに行くのに便利です。

料金は1回2USドル。
乗車時に先払いします。

今ならJCBカードをお持ちのあなたは無料で乗れますよ!
乗車時に、運転手さんにJCBカードを見せるだけで、
ピンクラインは何度乗っても無料です(^^)

 

鍵はリストバンド式

滞在中は常に身に着けておきます。
部屋の出入り口はオートロック式。
部屋に入る時は、これをドアノブにかざすと開錠される仕組みです。
ぬれても大丈夫なので、このままビーチへ行けますよ!

 

24時間対応のフロント

上の写真は朝4時前のフロントです。
オーストラリアの女性2人組がチェックインしています。
モスは朝10時頃到着しましたが、すぐにチェックインしてもらえました。
尚、チェックインの際に20USドルのデポジットが必要です。
チェックインまでにドルを用意しておきましょうね^^;
デポジットはチェックアウトの際に返却されます。

 

レンタルサービスがあります

公道を走れる2人乗りの車や、バイクなどのレンタルがあります。
実際に走ってるのを見ましたが、とても気持ちよさそうでした。
※有料です

 

部屋は清潔です

出入り口

 

ベッド

 

部屋には二段ベッドが4つあります。
チェックインの際に洗濯済みのシーツ2枚と枕カバーをもらいます。

 

キッチン

鍋や食器は使ったら洗って戻す仕組みです。
女性のお客様は実際にここで料理して食べていらっしゃいました。

 

冷蔵庫

共同で使います。

 

コインロッカー

貴重品はこちらに預けておくと安心ですね。

 

洗面所&トイレ

ウォシュレットではありません^^;

 

シャワー

お湯は熱湯ではなく適温で出ますので安心です。
※洗面所も同様です

8人部屋ですが、シャワーを競う事もなく、ゆったり使えました。

 

注意点

アメニティ類は一切ありません

唯一、シャワールームに固形石鹸がありましたが、それ以外は何もありません。

  • ボディソープ
  • シャンプー
  • コンディショナー
  • 歯ブラシ
  • 歯磨き粉
  • カミソリ
  • ドライヤー
  • タオル

などは、全てご自身でご用意下さい。

 

wifiは期待できません

フロントでもらうパスワードを入力するタイプのフリー wifi が完備されていますが、モスが宿泊した日は全く使い物になりませんでした。
使う場所や、日によっても違うのでしょうが、快適なネットを楽しみたいあなたは、
海外専用の wifi を準備するか、海外専用の sim を差し込むなどの対策をされた方がよろしいでしょう。

 

コンセントが少ない

二段ベッドの下段付近にコンセントがありましたが、既に全て使用中でした。
洗面所に空いたコンセントはあったものの、スマホや wifi をそこで充電したまま放置する訳にはいかず、結局モスは滞在中の充電をあきらめました。
モバイルバッテリーを用意されるのが無難ですよ。
また、スマホを充電しながら二段ベッドの上段で使いたい場合は、最低でも2mのコードが必要です。

 

気になる宿泊代金は?

宿泊日:2017年12月29日~30日
予約日:2017年10月4日
予約サイト:エクスペディア

予約当時、ホノルルでの最安値が
Waikiki Beachsaide Hostel でした。

エクスペディアのバウチャーによると
1泊      3544円
税およびサービス料
495円
合計      4039円
となっています。

ちなみに、この次に安い宿は
15000円程度だった記憶があります。

 

まとめ

意外に思われるかも知れませんが、ホノルルは路上生活者の多い街です。
ただ、Waikiki Beachside Hostel の周辺には、そのような方の姿を目にする事はありませんでした。
比較的治安の良い場所なのかも知れません。

スタッフさんはとてもフレンドリーです(^^)
会話は英語のみですが、モスの片言の英語でも一生懸命理解しようとしてくれます。
滞在中、特に困った事はありませんでした

エアアジアXやスクートなどを利用して、航空運賃を安く抑えた分、ホテルをグレードアップされる方もいらっしゃるでしょう。
また、モスのように徹底的に安くあげたい方もいらっしゃるでしょう。
後者のあなたには Waikiki Beachside Hostel はおすすめですよ!
客層もいいですし、ロケーションも最高です。
今後、とにかく安くハワイへ行かれたい場合は
Waikiki Beachside Hostel の利用を検討してみて下さい(^^)

 

それではまた~(=^・^=)





 

 

 この記事へのコメント

  1. よっちゃん より:

    今年2月にここのホステルに泊まりました。路上生活者が近くのABCで深夜ズラズラ寝てました。アメリカの闇を感じてしまいました。

    • モス より:

      よっちゃんさん
      いつもありがとうございます。
      ハワイは路上生活者が多いですよね。
      常夏の島なので暮らしやすいのが理由だそうです。
      また旅に出られた際は感想などお聞かせいただけると嬉しいです。

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

エアアジアで乗り継ぎ便を予約する際は乗り継ぎ時間に要注意!

プライオリティパス公式ページには載っていない香港のラウンジ最新情報・PLAZA ...

超簡単!エアアジアのウェブチェックインをスマホで行う手順と注意点

4月30日から関空と直行便で結ばれる務安(ムアン)ってどんなところ?

PLAZA PREMIUM LOUNGE(第1ターミナル・40番ゲート)・香港国...

最新版!エアアジア・ウェブチェックインの手順