検証!スクート VS エアアジアX 関空⇔ホノルル・あなたはどっちで飛ぶ?

2018年12月19日(火)
今夜、関西国際空港から、
スクートがホノルルに飛び立ちます!

大阪(関西)⇔ホノルル線は、
今年6月からエアアジアXが運航中。
ここに今日からスクートが加わり、
LCC2社が直行便を就航させる事に。

ハワイへの旅がますます便利になりますね。

そこで今回は、
スクートエアアジアXを徹底検証!
早速、両社を比較していきましょう。




どんな航空会社なの?

スクート エアアジアX
シンガポールの格安航空会社 マレーシアの格安航空会社
シンガポール航空の出資により、長距離国際線を運航する航空会社として設立。

2012年6月4日、シドニー線、ゴールドコースト線で初就航。

中・長距離路線を専門に運航する、エアアジアグループの会社。

2007年11月2日、マレーシア(クアラルンプール)⇔  オーストラリア(ゴールドコースト)線で初就航。

 

 

運賃は?

格安航空会社(LCC)は頻繁にセールを開催します。
同じ航空会社の同じ路線でも、セールによって価格が異なります。
そこで今回は、両社が大阪(関西)⇔ホノルル線の就航にあたり、
初めて販売したセール価格で比較してみましょう。

スクート エアアジアX
往復 片道
18800円~ 12900円~

ここはスクートに軍配があがりましたね。

 

運航スケジュールは?

スクート エアアジアX
月・火・金・土のみ運航 月・水・金・土のみ運航
関空   19:25発
ホノルル  7:30着
※金曜日は下記に変更
関空   18:50発
ホノルル  7:00着
関空   23:25発
ホノルル 12:30着

ホノルル  9:35発
関空  翌14:00着

ホノルル 16:00発
関空  翌20:25着

 

エアアジアXを利用する方が、現地滞在時間が長くなりますね。
エアアジアXのスケジュールなら、仕事が終わってからの出発でも利用しやすいです。
関空到着後、家路に時間を要する方は、スクートの方が便利かも知れません

 

 

セール開始時刻は?

スクート エアアジアX
午前11:00 午前0:00
・早めにお昼休みを取れる方
主婦の方
・早寝早起きが習慣の方
などは、スクート向きかも知れませんね。
・決まった時間にしかお昼休みが取れない方
・いつも就寝時間が遅い方
などは、エアアジアX向きでしょう。

 

 

就航機材は?

スクート エアアジアX
ボーイング787・ドリームライナー エアバスA330-300型
329席 377席

 

 

座席は?

今回は両社共に機内のほとんどを占めるエコノミークラスについて比較します。

スクート エアアジアX
シート間隔:78.74cm シート間隔:81.28cm
シート幅:45.72cm シート幅:41.91cm
個人モニター:無し 個人モニター:無し

 

日本のレガシーキャリアの代表格・日本航空の場合、
国際線に就航する機材のエコノミークラスのシートは、
シート間隔:84~86cm
シート幅:45~48cm

LCC・ピーチアビエーションの場合、
シート間隔:73.66cm
シート幅:42cm程度(推定)

エアアジアXには実際に乗ってみましたが、
レガシーキャリアと変わらない印象を持ちました。

 

機内サービスは?

両社共LCCですので、基本的に全てのサービスは有料です。
主なものの料金を比較してみましょう。

スクート エアアジアX
ミネラルウォーター:エビアン
4SGドル
(約334円)
ミネラルウォーター:エビアン
2USドル
(約226円)
ビール:アサヒスーパードライ
1本8SGドル
(約668円)
ビール:アサヒスーパードライ
2本セット10USドル
(約1126円)
カップ麺:辛ラーメン
5SGドル
(418円)
カップ麺:辛ラーメン
3USドル
(約338円)

 

総体的にスクートは機内販売が少々お高いようです。

 

まとめ

今日からLCC2社が運航する事になり、
関空からハワイへの旅がますます便利になりますね。

今日から、関西国際空港のフライト情報に
ホノルル スクート と掲載されるようになりました。
ワクワクしますねぇ(^^)

あなたも一度、LCCでハワイへ行ってみませんか?
LCCとはいえ、長距離路線に就航する機材には狭苦しさはありません。
・従来のレガシーキャリアとは比べものにならない価格
・とてもフレンドリーな客室乗務員さん
LCCならではの魅力にハマってしまうかも知れませんよ(^^)

スクートのホノルル線がいかなるものか…
早く知りたいですねぇ。
今夜出発のスクートには、あの有名なおのださんが搭乗されますよ。
おのださんは、エアアジアXのホノルル線にも就航初便に搭乗されました。
今回も、ブログや youtube での速報が楽しみです(^^)

 

おのださんのブログはこちらから

 

今回の検証は、スクートのホノルル線就航前のデータによる比較です。

今後は両社共に増便の可能性があります。
また、サービスの向上値引きセールなど、
利用する側にとって嬉しいニュースが出てくるものと思われます。

これからも両社の動向に注目していきましょう。

 

それではまた~(=^・^=)




【お詫び】
パソコンでは問題ありませんが、スマホでご覧いただく場合、記事の一部が重なって表示される不具合が発生しています。
お見苦しい点があります事、深くお詫び申し上げます。
現在問題解決に向け、鋭意努力しております。

 

気軽にコメントして下さい(^^)

関連記事

安くて美味い!シンガポールでモスがハマった食堂はエアアジアのCAさん御用達だった...

ホノルル、ダニエル・K・イノウエ国際空港でプライオリティパスが使えるラウンジ

釜山・金海国際空港(大韓航空ラウンジ)プライオリティパスで入れる豪華なラウンジ

旅立つ前に軽くウォーキングしませんか?関西国際空港の穴場をお教えします

プライオリティパス公式ページには載っていない香港のラウンジ最新情報・PLAZA ...

海外旅行に行かれる方は たびレジをお忘れなく